メーリングリストのバックナンバー

No.7(2008.06.05)

Fwd: 【日本不動産学会】公開シンポジウムの開催案内

会員の皆様

福岡大学都市空間情報行動研究所の中嶋です。

日本不動産学会主催の公開シンポジウムの開催案内を転送したします。

シンポジウムは、大阪駅周辺のまちづくりやブランド形成について、
阪急、JR西日本、三菱地所、大阪市、関西経済連合会などの関係者が集まって、
共通認識と連携を深めていくことを目的としています。

ぜひご参加ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


>日本不動産学会 さんのコメントを転送します:
>会員各位
>いつもお世話になっております。
>(社)日本不動産学会事務局です。
>
>★★公開シンポジウム開催のお知らせ★★
>
>公開シンポジウムを下記のとおり開催いたします。
>ご多用のところ恐縮ですが、ご参加下さいますようご案内申し上げます。
>詳細な内容については、添付ファイルををご参照ください。
>会場までのアクセスは
>http://www.sansokan.jp/map/
>をご参照ください
>
>参加を希望される方は、
>e-mail: jares@js4.so-net.ne.jp
>または、
>fax: 03-3213-2397
>にて
>
>(1)催し物名称(6月6日公開シンポジウムと記載してください)
>(2)参加を希望する方の氏名
>(3)勤務先・所属
>(4)平日の連絡先電話番号(定員に達した場合に連絡します)
>をご連絡ください。
>
>参加章等の送付は致しませんので、確認の必要な方は事務局までご連絡をお願いします。
>定員(300名)になり次第申し込みの受付は終了させていただきますのでご了承ください。
>
> 記
>シンポジウムテーマ
>「まちブランドの再構築による都市再生
> 〜大梅田ブランドの形成を核とした大阪の活性化にむけて〜」
>
>日時:平成20年6月6日(金) 14:00〜17:45
>場所:大阪・産業創造館イベントホール(大阪市中央区本町1-4-5)
>主催:社団法人日本不動産学会
>後援:国土交通省、大阪市、(独)都市再生機構、(社)関西経済連合会
>協力:福岡大学都市空間情報行動研究所
>定員:300名
>
><プログラム>(敬称略・順不同)
>14:00-14:05 開会挨拶
> 三橋 博巳(日本不動産学会会長・日本大学教授)
>
>14:05-14:10 来賓挨拶
> 平松 邦夫 (大阪市長)
>
>14:10-14:50 基調講演1
>「大阪駅北地区開発プロジェクト−ナレッジキャピタル構想について−」
> 宮原 秀夫(独立行政法人情報通信研究機構理事長、前大阪大学総長)
>
>14:50-15:30 基調講演2
>「回遊と都市エクイティ」
> 斎藤 参郎(福岡大学都市空間情報行動研究所長・経済学部長、日本不動産学会理事)
>
>15:45-17:45 パネルディスカッション
>パネリスト
> 角 和夫(阪急阪神ホールディングス株式会社代表取締役社長)
> 近藤 隆士(西日本旅客鉄道株式会社取締役兼専務執行役員)
> 奥田 真弥(関西経済連合会専務理事)
> 北村 英和(大阪市計画調整局局長)
> 長島 俊夫(三菱地所株式会社代表取締役専務執行役員)
> 斎藤 参郎(福岡大学都市空間情報行動研究所長・経済学部長、日本不動産学会理事)
>司会
> 青山 吉隆(広島工業大学教授・京都大学名誉教授、日本不動産学会理事)
>
>
>*******************************************
>社団法人日本不動産学会
>〒100-0004 東京都千代田区大手町1−6−1
>         大手町ビル836区
>TEL 03-3213-1844 FAX 03-3213-2397
>jares@js4.so-net.ne.jp
>http://www.jares.or.jp/
>******************************************



==============================================
中嶋貴昭 (Takaaki NAKASHIMA)
福岡大学 研究推進部 准教授
福岡大学都市空間情報行動研究所 (FQBIC)
住所:福岡市城南区七隈8-19-1
TEL:(研究室) 092-871-6631 (内線:4104)
(研究所) 092-874-6827,FAX:092-874-6830
e-mail:nakashi@econ.fukuoka-u.ac.jp
URL:http://www.qbic.fukuoka-u.ac.jp/
==============================================
Copyright (C) 2006-2017 Japan Institute of Marketing Science. All Rights Reserved.