メーリングリストのバックナンバー

No.1001(2017.10.20)

JIMS「マーケティングの計算社会科学」部会(11/16)セミナー

(重複してお受け取りになった場合は申し訳ありません)
JIMS MLメンバーの皆様

「マーケティングの計算社会科学」研究部会では、11月16日に以下のようなセミナーを行います。
今回は青山秀明(京都大学)、藤原義久(兵庫県立大学)の両先生をお招きし、経済物理学の分野で開発されたデータ解析手法のマーケティングへの適用事例について報告いただきます。

多くの市場では多数のブランドがさまざまな手段(価格、TV広告、ウェブ/モバイル等々)を用いて競争しています。これらの間の相互関係(ブランド間の競争反応を含む)を従来の多変量時系列解析の手法を用いて分析する場合、想定される影響関係を事前に相当程度限定したり、対象ブランド数を絞っておく必要があります。

今回ご紹介する手法では、高次元の時系列データからタイムラグを含む相関関係を探索的に集約し(タイムラグを扱える主成分分析といえます)、その構造について可視化によって洞察を得ることができます。この手法はすでにマクロ経済・国際金融データの分析で実績をあげています(詳細は下にある各講演者のサイトを参照下さい)。

今回のセミナーでは、こうしたアプローチの基本原理や分析実績に加え、パッケージグッズについてのシングルソースデータ(ブランド別購入量・価格・TV広告・検索・サイト訪問等)に適用した分析事例について報告していただきます(分析結果のマーケティング上の含意や手法の適用可能性については、水野が報告します)。

マーケティング(あるいは広範な社会・経済現象)に対する多変量時系列データの解析、ブランド/企業間の競争反応分析、カスタマージャーニー分析などにご関心のある方はぜひ本セミナーにご参加いただけましたら幸いです。

参加をご希望の方は、このメールへの返信ではなく、以下のフォームを用いてmakmizuno@gmail.comまでご連絡いただければ幸いです。

------------------------------
JIMS「マーケティングの計算社会科学」部会セミナー(11/16)に参加します

 懇親会に参加する / しない ←該当しない方を消して下さい

 お名前( ) ご所属( )
------------------------------



日時 2017年11月16日(木)18:00-20:00 そのあと近所で懇親会

場所 明治大学駿河台キャンパス研究棟 3階第10会議室
 アクセスマップ http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
 構内マップ http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

演題と発表者
(1) ヒルベルト複素主成分分析の概要と応用事例
青山秀明(京都大学大学院理学研究科)
http://www.rieti.go.jp/users/aoyama-hideaki/


(2) 同期ネットワークの概要と応用事例
藤原義久(兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科)
http://www.simulation-studies.org/academic-staff/fujiwara

(3) マーケティングデータへの適用から得られる含意
水野 誠(明治大学商学部)

水野 誠
明治大学商学部教授
101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL: 03-3296-4164
E-MAIL: makmizuno@gmail.com
URL: http://gyoseki1.mind.meiji.ac.jp/mjuhp/KgApp?kojinId=090012
Copyright (C) 2006-2017 Japan Institute of Marketing Science. All Rights Reserved.